【カフェぬく森】神石高原のかわいいカフェ!感想を写真つきでレビュー!

当ブログでは転勤族として中国地方に配属された私が、実際に訪れた観光スポットや観光している最中に立ち寄ったカフェ・飲食店のおすすめ情報について紹介しています。

今回の投稿では、広島県の最東端、神石高原町にある自然に囲まれた雰囲気が満喫できるおすすめカフェを紹介します。

あっきー
今回紹介するスポットは、カフェぬく森です!

カフェぬく森

カフェぬく森とは?

カフェぬく森は、広島県の東端の中間に位置する、神石高原町にあるカフェです。

入り口ではマスコットキャラクターの「森のジプシー」が出迎えてくれます。

自然に囲まれているため、春夏秋冬、季節ごとに移り変わっていく自然の景色を堪能することができます。

標高の高い位置にあるため、冬は営業していないのかと思いきや、なんと営業しているとのこと。

店内に設置されたおしゃれな薪ストーブの音を聞きながら過ごす冬の時間も、風情があって良いものだと思います。

カフェぬく森へのアクセス

山陽自動車道福山東ICから車で約40分のところに位置しています。

福山方面からGoogle Mapに従うと、最後に細い道へ案内されます。

細い道に入るのが嫌な人は、神石高原ホテルの看板を通り過ぎたあたりの分かれ道にあるカフェぬく森の案内看板に従って進むようにしましょう。

整備された道を通ってたどり着くことができます。

駐車場は車10台分程のスペースとなっています。

こちらも森のジプシーが目印です。

カフェぬく森へ行ってみた

実際にカフェぬく森を利用したので、おすすめと感想を紹介します。

おすすめポイント

おすすめ① 遅い時間のランチでもオッケー

ゆっくり準備をしてゆっくり家を出て、のんびりドライブをしながら神石高原に向かっている途中にランチを食べようと思ったものの、時間はすでに14時。

一般的な飲食店だとランチのラストオーダーは14時30分というところが多いなか、ぬく森はランチメニューのラストオーダーが16時(17時閉店)なので、焦らずゆっくり昼食をとることができました。

おすすめ② 景色が楽しめてファミリーにもおすすめな空間

ゆっくり昼食がとれることを知り、店内に入ると可愛らしいインテリアや太陽の光を感じることができる落ち着いた雰囲気のお店でした。

店内には、手作りの小さなお庭もありました(^o^)

私達が訪れた日にはすでにクリスマス仕様でした。

さらに奥へ進むと、テラス席があり、なんとハンモックもありました。

早速座ってみると、池と芝生をながめることができます。

この日は快晴だったので、水面がきらきら光っていてきれいでした。

すると店員さんから、「2階席もありますよ!」と教えて頂いたので、せっかなのでワクワクしながら階段を上りました。

すると、

隠れ家的なスペースを発見!

写真に全体は写っていませんが、座敷で絵本やおもちゃもあるので、家族連れの人にはおすすめの席です。

ここで紹介したテラス席・2階席は予約した人が優先となるので、使用したい人は予め予約するようにしましょう。

料理

私達は、限定メニューの神石牛の焼きハヤシライスセット(左)とジプシーセット(右)を注文しました。

ランチを食べた時に、どちらの料理もごろっと入った甘みのある野菜、スープ、サラダのドレッシングから食材にこだわって一から手作りで作っている料理だと感じました。

実際にHPを見てみると、想像した通り、神石牛や神石高原で取れた野菜など地産地消の食材にこだわっているとのことでした!

美味しかったので、神石高原を訪れる機会があればぜひ食べてみてください。

おまけ

お会計の際に、店員さんにおすすめスポットとして勧めれた場所へ実際にいってみると、

森の中にそびえ立つ大きな杉の木を発見!

この杉の木は、樹齢700年以上とも言われており、実際に目の前にすると、ジブリの世界に迷い込んだかと感じるような壮大な景気でした。

場所はカフェのメニューの中に記載されているので、探してみてください。

以上、カフェぬく森についての紹介でした。

あっきー
神石高原を訪れた際はぜひカフェぬく森を訪れてみてください(^^)

その他の観光情報はこちらから














コメントを残す