【ヘキサステンレスファイアグリル】3用途に使えるBBQコンロをレビュー!

当ブログでは、実際に使用してみたキャンプ用品の使用感や使用する際の工夫について紹介しています。

あっきー
今回紹介するキャンプ用品は、キャプテンスタッグヘキサステンレスファイアグリルです!

ヘキサステンレスファイアグリルとは?

ヘキサステンレスファイアグリルは、キャプテンスタッグのBBQグリルです。

商品の概要・仕様

■組立サイズ(約):幅300×奥行265×高さ220mm、網サイズ(約):285×255mm

■重量(約):1.8kg

■材質:本体・底板:ステンレス鋼、バーベキュー網・目皿・スタンド:鉄(クロムめっき)

■その他:収納サイズ(約):幅350×奥行330×厚さ55mm

■原産国:中国

■JAN:4976790764988

引用:CAPTAIN STAG 商品ページ

この商品の最大の特徴は、1台で焚き火・BBQ、ダッチオーブン料理を楽しめる点です。

この特徴こそが、私が初心者の方にこのアイテムを進める理由です。キャンプを楽しむためには、BBQ(キャンプ飯)や焚火は必須のアクティビティです。これが1台あればそのすべてが楽しめます。

これを使って各アクティビティを経験した後で、「焚火台はこういう機能が欲しいな。」とか「BBQコンロはこういうのがいいな。」と考えると自分にはどんなキャンプ用品が必要なのかが掴めてくると思います。

また、これ1台で3つのアクティビティが楽しめるので、キャンプを行う際に荷物を減らせます。これは大きなメリットだと思います。

組立は上の動画でも紹介されていますが、スタンドを組み立てて、本体をセットするだけです。

薄型なので収納もコンパクトに折りたためます。また、本体は錆びにくいステンレス製なので水洗いした後の処理が非常に楽です(風乾でよい)。

持ち運びや収納時に便利なバッグが付属されているのが良心的です。

他のメーカの中には、収納ケースが別売りのものもあるので購入する際は、何が付属されているのかを確認するようにしましょう。

値段は販売されている場所でばらつきはありますが、Amazonや楽天で購入すれば5000円~6000円程度で購入できます。

同じく1台3役を売りにしているロゴスやユニフレームのBBQグリルは、10000円を超えてきます。

そのため価格的にはとてもお値打ちの商品です。

ヘキサステンレスファイアグリルの使用感

私が、初期装備としてこのグリルを購入して以来現在まで使用し続けてきて感じたメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

メリット

コストパフォーマンスが高い

まず第一に、コスパがとても高いことです。

これまで、BBQや焚火、ダッチオーブン料理等に10~20回程度使用しておりますが、表面に炭が付着する等の汚れは目立つもののの、ひび割れ・変形等なく使用できています。

写真のように10インチのダッチオーブンよりも径が大きいので、網の上に載せて炭火でダッチオーブン料理をすることも十分に可能です。

最初は値段が安いので早々に壊れるものかと思っていましたが、今年のキャンプでもヘビーローテーションできそうです。

サイズが大きいので焚火が楽

2つ目のメリットは、焚火をする際に薪をそのまま利用できることです。

大抵のキャンプ場ではこのような形で薪が売られています。結構サイズが大きいです。

そのため小さなサイズの焚火台を利用する場合、鉈などを使って薪を使用できるサイズに切断する必要があります。

このグリルを使用すれば、たいていのキャンプ場においてある薪をそのまま投入することができるので、焚火が楽に行えます。

焚火について知識のない初心者の方でも簡単に行えるのでおススメです。

デメリット

炭置きと網が離れているので多量の炭を使用する必要がある

1つ目のデメリットは、炭置きと網の間が広いことです。

焚火にも使用できるように炭置きが低めの設定になっています。

焚火の場合はメリットになりますが、炭を使用するとなると一転してデメリットになります。

炭による加熱は、熱源である炭と食材の距離が近い程火力が強くなります。そのため、炭置きと網の距離が遠いということはその分火力を出しづらいということです。

一般的なBBQコンロと比べると、その点はデメリットになると感じました。

炭置きから落ちた炭が風通し用の穴から外にこぼれる可能性がある

2つ目のデメリットは、下の方についている空気穴から炭がこぼれる可能性があることです。

炭置きから炭が下に落ちるような仕組みになており、かつ落ちた先には空気穴があります。

そのため、芝生のキャンプ場等で炭を利用する場合、空気穴から炭が落ちないようにしなければなりません。

私は万が一に備えて、100均で買ったアルミ製のバットを下に敷くことで地面に直接火種が落ちないようにしています。

正規品の網が高い

3つ目は、正規品の網が高いことです。

ヘキサ ステンレス ファイアグリルという名前からも想像できるように、網は6角形と特殊な形をしています。

この網が700円くらいします。

6角形ゆえに、幅広くスペースを利用することができますが、一般的な四角形の網が100均で購入可能であることを考えると、専用の網が高いことはデメリットだと感じました。

以上、私が実際にヘキサステンレスファイアグリルを使用して感じたメリット・デメリットでした。

使用する際のワンポイントアドバイス

最後に私が実際に使用する時に工夫をしている点を紹介したいと思います。

極厚アルミホイルを巻いて耐久性UP!

1つ目は、使用する際に極厚アルミホイルを巻くことでグリルの保護と後片付けを簡易化することができる点です。

写真のようにテントファクトリー BBQハイグレードアルミホイル(極厚) 7m を内壁と炭置きに巻くことで、グリルを保護しながら、炭置きから炭が落下しないようにしています。

こうすることで、空気穴もふさがるので火種が地面に落下することを気にせずBBQや焚火を楽しむことができます。

従ってこの方法により、上記で紹介したデメリットの1つを解消することができます。

また、アルミホイルを巻いておくことで使用後のグリルの汚れが最小限になるので、後片付けが非常に楽になります。

厚手のアルミホイルはちぎった部分が、鋭利な刃物のように切れやすいくなるので、使用する際は軍手等を着用することをおすすめします。

長方形の網を使用することで炭のつぎ足しが楽ちんに!

2つ目は、長方形の網を利用し炭のつぎ足しが容易に行えるようにしている点です。

私はこのグリルを使用してBBQをする際、写真のように正規の6角形の網を使用せず100均で購入した長方形の網を使用しています。

こうすることで、横にできた空間から容易に炭を追加することができるので火力を維持しやすくなります。また、700円もする網を頻繁に交換しなくて済みます。

従って、この方法を利用すれば上記で紹介したデメリットのうち2つを解消することができます。

網を100均に変えることで費用も抑えられるし、使いやすさも向上するのでぜひやってみて下さい。

以上、私が使用する際に工夫している点でした。

あっきー
ヘキサステンレスファイアグリルは、1台で3役に使えコスパが高いので、興味を持った方はぜひ使用してみて下さい!(^^)!
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,820 (2019/10/29 20:29:06時点 Amazon調べ-詳細)

参考 CAPTAIN STAG HP

その他のキャンプ関連情報は以下のリンクからどうぞ。














コメントを残す