2人キャンプにかかる費用~実例を紹介します~

こんにちは、転勤族キャンパーのあっきー(@akkiscamplife)です!

キャンプを趣味として始める際に、最大の障壁となるのが費用

特に初心者のうちはどれだけの費用がかかるか想像できませんよね?

あっきー
そこで、キャンプを始めたいけど費用に関する知識がまったくない、そんなあなたのために、私が実際にキャンプを行う中でどれだけの費用がかかっているのか紹介したいと思います!

私はキャンパーではありますが、現在仕事の関係で地方で1人暮らしをしているため、ほとんど友達がいません(会社の同僚がほとんど)。

そのため、大抵の場合、恋人と2人でキャンプをしています。

そうした背景を踏まえ、今回の投稿では2人キャンプを行う際にかかった費用(初期費用)、2人キャンプにかかる費用について紹介したいと思います。

2人キャンプを始める際の初期費用(7万5千円)

キャンプを始めよう!

そう思った際にまずかかるのが、キャンプ用品を揃えるのにかかる費用です。

この初期費用がかさんでしまうのが、キャンプを趣味にする際の最大の障壁です。

キャンプをする際に必須となるテントは、良いものを選べば2人用であっても2~5万円程度かかります。

さらに、その他の用品に関しても良いもので揃えると簡単に10万円の大台を超えてしまいます。

そう聞くと、ちょっと興味があるからやってみようかなというノリでキャンプをはじようとはなりませんよね…

私自身、初期費用として75,000円くらいかかっていますが、これでもテント以外は安く抑え、最低限のもののみを揃えたつもりです。

*詳細は下記参照。

【初期費用】キャンプを始めた際にかかった費用

2017年10月28日

オートキャンプを楽しむための最低限の必需品まとめ

2017年10月25日

テントは安いものならば、数千円程度で購入可能ですし、他の用品もコスパの良いものを選べば3~5万円以内に押さえることも十分可能だと思います。

しかし、キャンプを始めたいと思う人はおそらく、キャンプ用品にこだわりを持ちたいと思う人が多いと思います。

そんなあなたに、おすすめなのがキャンプ場のレンタルサービス。

キャンプ場によっては、テントやコンロなどの必需品を数千円で貸し出してくれます。

高価なものをレンタルし、安価な用品だけ揃えてキャンプを行えば初期費用としては更に抑えることができるので、

とりあえずキャンプをしてみたい!

という人にはレンタルサービスががおすすめです。

2人キャンプにかかる費用

続いて、2人でキャンプを行う際にかかる費用について紹介します。

デイキャンプ(7千円~1万円)

私達がデイキャンプを行う際、だいた7,000円~10,000円程度かかります。

1人あたり5,000円程度というイメージです。

以下内訳。

  • 食費 2,000円
  • 消耗品(薪・炭など) 1,000円
  • サイト代 1,000円~2,000円
  • 交通費(ガソリン+ETC代) 3,000円~5,000円 

デイキャンプは10時~15時であったり、12時~17時といった時間で行うことが多いです。

そのため、食費としては1食分程度。

凝った料理を作ってもそこまで大きな金額にはなりません。

私達は2人で運転するため、デイキャンプではあまりお酒を飲みません。

そのため、お酒を飲む人はもう少し食費がかさむと思います。

サイト代に関しては良心的な値段のところが多いので、費用としては交通費がもっとも高いウェイトを締めます。

費用をやすく抑えたい人は、近場のキャンプ場を使用しましょう。

1泊2日のキャンプ(1万円~1万6千円)

私達が1泊2日のキャンプを行う際、だいた10,000円~16,000円程度かかります。

1人あたり10,000円でお釣りがくるイメージです。

以下内訳。

  • 食費 3,000円
  • 消耗品(薪・炭など) 1,000円
  • サイト代 2,000円~6,000円
  • 交通費(ガソリン+ETC代) 3,000円~5,000円 
  • 入浴料(すれば) 1,000円 

宿泊キャンプになるとフリーサイトを使用する場合と電源付きのオートサイトを使用する場合でサイト利用料に差が生じます。

費用を安く抑えたい人は、フリーサイトでのキャンプをおすすめします。

サイトの違いに関しては下記投稿で解説しています。

キャンプ場の種類・注意点・選ぶ際のポイントについて

2018年10月12日

また、宿泊キャンプは夜を越すため、焚き火を楽しんだりお酒を飲んだりするため、デイキャンプより食費や消耗品が高くなる傾向があります。

それでも飲酒量は少ないので、お酒を多量に飲む人は上記金額より高くなると思います。

チェックインの時間が13時~15時、チェックアウトの時間が10時~12時の時間が多いので、食費は1日目の昼・夜と2日目の朝の2,3食分の費用となります。

朝が弱い私達は、2日目の朝早起きをして料理を作るのが苦手です。

そのため、前日の残り物を温め、コーヒーとパンと一緒に食べることが多いです。

節約にもなるのでおすすめですよ!

また、私達は、基本的に近場の温泉で入浴するため入浴料がかかります。

こちらの費用に関しては、キャンプ場に設置してある温水シャワーを使用すれば500円以内に抑えられるかと思います。

2泊3日のキャンプ(1万6千円~2万5千円)

私達が2泊3日のキャンプを行う際、だいた16,000円~2,5000円程度かかります。

1人あたり15,000円でお釣りがくるイメージです。

以下内訳。

  • 食費 5,000円
  • 消耗品(薪・炭など) 1,000円~2,000円
  • サイト代 5,000円~1,1000円
  • 交通費(ガソリン+ETC代) 3,000円~5,000円 
  • 入浴料(すれば) 2,000円 

2泊分の食費や宿泊費がかかるので、当然費用としては高くなります。

しかし、こちらもフリーサイトを使うと安く抑えられます。

その際は、電源がないのでスマートフォン等を使用する人は、携帯充電器を持っていくようにしましょう。

私達は、2泊のキャンプではタブレットを用いて映画鑑賞を楽しむため、極力電源付きのオートサイトを利用するようにしています。

自由時間が多いですからね。

キャンプ場で映画を見る方法については下記投稿で紹介しています。

【カップルキャンプ】キャンプ場で映画を見る方法とおすすめ映画を紹介

2018年10月29日

以上、2人キャンプを行う際にかかった費用(初期費用)、2人キャンプにかかる費用についてでした!

私達はキャンプをする上で、キャンプ飯やキャンプ場(遠方で口コミの高いところを選ぶ)などにこだわってキャンプを行っているため、若干割高になっているかと思います。

料理のグレードを落としたり、近場限定で行えば、もっと安くキャンプを楽しむことができると思います。

最初に必要なものを揃えてしまえば、後は1人あたり1万円以内でお泊りキャンプが楽しめちゃう、

そう考えると、キャンプってなかなかコスパの良い趣味だとおもいませんか?

海や川の近くのキャンプ場を選べば、海水浴や釣りをあわせて楽しむこともできますからね!

今回の投稿がキャンプを始めたい人の背中を押すようなものであれば幸いです。

あっきー
興味がある人はぜひキャンプを始めましょう(^o^)

当ブログでは私が実際に訪れたキャンプ場に関するレポートや実際に使用したキャンプ用品のレビューを紹介しています。

興味がある方はご覧ください。














コメントを残す