岩倉ファームパークキャンプ場!予約不要で利用料が安い!【キャンプレポート】

こんにちは、あきれぽを運営しているあっきー(@akkiscamplife)です!

当ブログでは、中国方面のキャンプ場や観光地の体験レポを通して、施設を使用した感想やおすすめしたい点、おすすめ観光スポットについて紹介しています。

今回の投稿は、私が実際にキャンプを行ったキャンプ場についての紹介です。

フリーサイトのみですが、予約要らずで低料金で楽しめるおすすめキャンプ場についての紹介です。

あっきー
今回紹介するキャンプ場は、岩倉ファームパークキャンプ場です。

岩倉ファームパークキャンプ場とは?

岩倉ファームパークキャンプ場は、広島県廿日市市にあるキャンプ場です。

小瀬川に隣接しているため、川遊びを楽しむこともできます。

春は桜が満開になり、秋は紅葉が楽しめます。さらに冬には、近郊にスキー・スノーボードを楽しめるスポットが多数あるため、四季折々の楽しみ方ができるキャンプ場です。

また、キャンプ場近郊には蛍の鑑賞スポットがあるので、夜も蛍鑑賞を楽しむことができます。

岩倉ファームパークキャンプ場へのアクセス

路線バスを利用する場合

  • 広島電鉄バス:廿日市市役所前駅から上栗栖、吉和車庫行き乗車、岩倉温泉下車

車を利用する場合

  • 中国自動車道吉和ICから約30分
  • 山陽自動車道廿日市ICから約30分

 

車を利用した場合、近くにコンビニがあるので、氷等の調達は容易です。

廿日市市にはゆめタウン等のショッピングセンターもあるので食材の準備も比較的らくらくです。

広島市にあるコストコで食材を調達してから向かうのもおすすめです!

温泉へのアクセス

岩倉ファームパークキャンプ場内には入浴施設がないため、入浴したい方は車で約6分程の場所にある小瀬川温泉をご利用ください。

最終受付けは19:30なので、その点はご注意を。

料金:大人430円 子供150円

岩倉ファームパークキャンプ場の施設情報

サイト・設備情報

このキャンプ場は、フリーサイト(3ヶ所)BBQコーナー(16区画)から成るキャンプ場です。

フリーサイトには車の乗り入れ可能ですが、BBQコーナー利用時は駐車場へ止める必要があるので注意しましょう。

このフリーサイト内にはテントが約100張設営可能です。

駐車場の利用料は無料で、約94台駐車可能です。

また、キャンプ・BBQ関連施設以外にも、ライトハウス・野外ステージのレンタルが可能です。

利用可能時間は以下になります。

  •  キャンプ 8:30~翌日17:00
  •  デイキャンプ 8:30~17:00
  •  ライトハウス 8:30~17:00
  •  野外ステージ 9:30~22:00

このキャンプ場は宿泊の場合でも午前からチェックイン可能なのが魅力の1つです。

利用料金

キャンプ・BBQの利用料金は以下になります。

  •  大人 400円×利用日数×人数
  •  小学生 200円×利用日数×人数
  •  幼児(3歳以上) 100円×利用日数×人数 

とても安いのでおすすめです。

その他の施設利用料は下記になります。

  •  ライトハウス1日 4,000円
  •  野外ステージ1日 10,500円 

*支払は現金のみ利用可能です。

レンタル可能な用品はBBQコンロ(1台500円)網(1枚500円)のみです。先着順なので借りたい人はお早めに。

その他特筆事項

以下にその他の注意事項を記載します。

  • 炭捨て場有り
  • ゴミの回収無し(持ち帰り)
  • 薪・炭購入可能(各1つ500円)
  • 温水シャワー(100円/3分)*ライトハウスにあります
  • 水洗トイレ有り(綺麗です)
  • 流し台は共用
  • キャンプの利用は予約不要

*BBQコーナー、ライトハウスは予約が必要です。

予約がなくても利用できるので、思い立ったその日にキャンプに行けちゃったりします。

 

利用料が安く、予約要らずで利用できるので、気軽に利用できます。

あっきー
興味が出た方はぜひ利用してみて下さい!

キャンプレポ

2017年6月に念願の宿泊キャンプを行いました。

キャンプ場へは13時30くらいにチェックインしました。

ちなみに、私がこのキャンプを行った時の装備は、下記の投稿中の初期装備+ぶよ除けでした。

【初期費用】キャンプを始めた際にかかった費用

2017.10.28

フリーサイト内に入ると、このように広大なスペースが広がっています。

サイト内ならどこにテントを設営しても大丈夫ということなので、タープを持っていなかったこともあり、木の下を陣取りました。

このキャンプ場は木がたくさんあったので、場所さえ取れればタープなしでも楽しめるかもしれません。

ただ、木の上から虫が落ちてきたりするので、あった方が過ごしやすくなると思います(体験談)。

さっそく初のテント設営!

私は、初心者にもおすすめのテントアメニティドームMを初期装備として購入しました。

今見返すとしわしわでひどいものです。笑

アメニティドームは、初心者でも設営しやすいようにポールが色分けしてありますが、練習無しでぶっつけ本番で設営を行ったら、40分~1時間くらいかかりました。

良くブログとかに書いてある、初心者でも設営20分は恐らく無理です。

この時ネットの情報をまるまる鵜呑みにしてはダメだと、改めて学びました。笑

必ずテントの設営は事前に練習しておくか、設営方法を予習しておきましょう!

また、前室を2本のポールにより立ち上げる方法は、説明書に記載されておりませんが、

① 前室の先端に空いている2つの穴にポールをさし、地面に対して少し斜めにする。

② ポールの上部にロープを結び、左右対称になるように引っ張る。

③ 安定した場所でペグによりロープを固定する。

この方法で問題なく立ったので、参考にしていただけたらと思います。

アメニティドームに関しては下記投稿で説明しているので、興味がある方はご覧ください。

アメニティドームM(snow peak)コスパ最強の初心者向け定番テントをレビュー!

2018.03.04

テントを設営したあとは、初期装備として購入したキャプテンスタッグ の ヘキサステンレス ファイア グリルを用いて念願のBBQ開始。

結局15時くらいからのスタートとなりました。

若干手慣れてる感が、出ているかもしれませんが、当時はまだキャンプ初心者です。

このキャンプ場には、共用の調理台しかなかったので、物置用の机のほかに調理用の机が必要だなと感じました。

また、ヘキサステンレスファイアグリルを使用する際に付属の網を使用せず、100均の長方形の網を写真のように使用してみました。

そうすることで、空いた隙間から炭をつぎ足すことができ、非常に使いやすかったのでおすすめです!

また、100均で手で持つ部分が短いトングを買ってしまいましたが、肉を焼くとき熱かったので、手で持つ部分が長いトングを使用することをおすすめします。

下記の投稿でこの用品について詳しく説明しているので併せてご覧ください。

【ヘキサステンレスファイアグリル】3用途に使えるBBQコンロをレビュー!

2018.03.01

そしてBBQも終わり、温泉で汗を流した後はいよいよ焚火ですね!

1点注意なのですが、小瀬川温泉は近いと言っても車を使用する距離にありますので、ドライバーの方はお酒を飲まないようしてください!

このコンロは焚火台にも使用できるので、とても便利です!

記念すべき初お泊りキャンプでは、amazonでレンタルした、「アバウトタイム」をipadにダウンロードして、焚火の明かりの中、映画鑑賞を行いました!

主人公がタイムトラベルを通して恋人・家族の大切さに気付いていく物語。平凡な生活がかけがえのないものだと感じさせてくれるお話です。

これがすごい良かったので、今でもキャンプの際は映画をダウンロードして鑑賞してます。

いつかはプロジェクターと白いタープを購入して、屋外上映会をしてみたいです!(^^)!

以上でキャンプ1日目が終わりました。

2日目は、朝10時まで爆睡してしまって、バタバタで撤収作業を行ったので、写真を一枚も撮れませんでした。

バタバタしたのはテントの撤収にてこずったせいです。

テントの撤収に関しても、初めての方はてこずると思いますので、撤収も予習しておきましょう。

以上、岩倉ファームパークキャンプ場についての紹介とキャンプレポでした。

あっきー
興味が出た方はぜひ岩倉ファームパークキャンプ場を利用してみてください(^^)

参考
・岩倉ファームキャンプ場
・小瀬川温泉

当ブログでは私が実際に訪れたキャンプ場に関するレポートや実際に使用したキャンプ用品のレビューを紹介しています。

興味がある方はご覧ください。














コメントを残す