風の時計カフェ(福山市)に行った感想を写真つきでレビュー!

こんにちは、転勤族キャンパーのあっきー(@akkiscamplife)です!

当ブログでは転勤族として中国地方に配属された私が、実際に訪れた観光スポットや観光している最中に立ち寄ったカフェや飲食店のおすすめ情報について紹介しています。

今回の投稿では、広島県の最東端、福山市にある瀬戸内海が一望できちゃうおすすめカフェを紹介します。

あっきー
今回紹介するスポットは、風の時計です!

風の時計

風の時計とは?

風の時計は、広島県福山市にあるギャラリーカフェです。

ギャラリーとつくことからもお分かりのように、カフェとしての利用だけでなく、イベント会場としても利用可能です。

2階の貸しスペースを1時間1000円~2000円で利用することができます。

なんともリーズナブルですね。

2階を利用したイベント等も定期的に開催されているようです。

海沿いに位置しており、巷では海の見えるカフェとして有名です。

人気のお店なので、休日に訪れる際はご注意ください。

店舗情報

  • 営業時間
    9時~18時(LO 17時30分)
  • 定休日
    毎週木曜日
  • 喫煙の可否
    店内:禁煙
    テラス:喫煙可
  • 予約
    可能
    電話番号:084-971-3580

アクセス

JR福山駅から車で約15分のところに位置しています。

mapを見ると分かるように、工場に囲まれています。

そのため、道中は本当にこんな所にカフェがあるの?と思うかもしれませんがナビや地図を信じて突き進みましょう!

この看板が目印です。

近くで見ると大きく見えますが、遠くから見るとそんな大きくないのでご注意を。

こちらが駐車場です。30台くらいは余裕で入ると思います。

福山の観光名所、鞆の浦からも車で約20分と近いので、観光がてら立ち寄って見るのも良いと思います。

鞆の浦に関しては下記投稿で紹介しているので、興味がある人はご覧ください。

鞆の浦のインスタ映スポット・見どころを紹介!銀魂ロケ地でポニョの舞台!【魅力紹介】

2018.01.11

風の時計へ行ってみた

いざ店内へ

こちらが入り口です。どことなく秘密基地感があるのが良い感じ。

私が訪れた、日曜の14時頃は結構空いていました。

そのため、外側のテラス席と、

店内の席どちらでも好きな方を利用して良いとのことでした。

もちろんテラス席を選択しました。なんたって、このオーシャンビューを目的に来ましたから!

晴れていてよかったです。

青い海に、青い空。心から癒やされました。

景色的に晴れの日に行くことをおすすめしますが、屋根がついているので、雨が降っても大丈夫です。

名物のカレーを堪能

ちょうどランチタイムということも有り、早速メニューを物色。

ランチメニューは主に、以下の3つでした。

カレー:オリジナルカレーと鉄板カレーがあります。

ハンバーグランチ。

ピザ風ナンセットやサンドウィッチ系のメニュー。

私はこの3つの中で、カレーのメニュー中に記載されていた「野菜、スネ肉、スジ肉をとろけるまで煮込みました」という一文に心を打たれカレーを注文することに決めました。

絶対美味しいじゃないですか。だって食材がとろけるまで煮込んでるんですから。

こちらがオリジナルカレーランチ(税込み1000円、サラダ・シャーベット付)です。

なんとナンもついてきました。ダジャレちゃいます。笑

食材がとろけるまで煮込んであるだけあって、とても濃厚なルーでした。味としては甘口~中辛といったところ。

口に入れた瞬間は甘いと思いましたが、噛んでいるうちに辛さがやってきます。

この甘辛なルーがナンに合うんです!おかわりしたくなる程美味しかったです。

カレーを食べた後のシャーベットがまた美味しかったです。

パイナップル味のシャーベット。中にはなんとパイナップルの果肉が入っていました。このデザートもおかわりしたくなるほどの美味しさでした。

ぜひまた食べに行きたいと思います。

ランチ意外にも、名物スイーツの風のぜんざいをはじめ、ワッフルや豆乳パインといったスイーツメニューも充実していので、ご飯を食べた後の休憩にもおすすめですよ。

店内も見るべし

店内もおしゃれな雰囲気となっているので、是非とも見学してみてください。

楽器を持ったフィギアが多数展示してあります。

ちなみにこちらのフィギア、スピーカのスイッチを入れると演奏に合わせて動きます。

まるでミニライブを見ているようで楽しかったです。

優しいマスターが教えてくれました。本当にいいお店でした。

あっきー
興味が出た方はぜひ訪れてみてください(^^)

その他の観光情報はこちらから














コメントを残す