【軽自動車キャンプ】焚き火台・BBQコンロ選びのポイント

転勤族として地方に配属されて以来、週末にキャンプに行くことを生きがいに日々仕事に勤しんでいるあっきー(@akkiscamplife)です。

地元から遠く離れた場所にやってきたこともあり、なかなか友達が増えず、基本的には恋人と2人でのキャンプ(カップルキャンプ)をメインに行っています。

そんな私がキャンプをする時に使っている車は軽自動車です。

親から譲り受けた年代物ですが、まだまだ元気に動いてくれています。

「え、軽自動車でキャンプできるの?」

と思う人もいるかもしれませんが、少人数かつ使用するキャンプ用品を工夫すれば、軽自動車でも快適にキャンプにいけちゃうんです!

そこで今回の投稿では、数あるキャンプ用品の中でも、軽自動車でのキャンプを想定した場合の焚き火台・BBQコンロ選びのポイントについて紹介したいと思います。

あっきー
それでは、軽自動車でオートキャンプを行う際の焚き火台・BBQコンロ選びのポイント、おすすめのB焚き火台・BBQコンロについて紹介していきます!

軽自動車でキャンプをする時の注意点

軽自動車でオートキャンプに出かけよう!

そう思い立った時、1番注意すべきこと、それは車に詰め込むキャンプ用品の量です。

下記投稿でキャンプに軽自動車を使用するデメリットとして紹介しているように、軽自動車は車体の小ささゆえに、大きな荷物を大量に詰め込むことができません。

【軽自動車キャンプ】軽自動車を使うメリット・デメリット

2018.11.28

また、荷物の総重量が重くなりすぎると、坂道を登る際に全くスピードがでなくなったり、ガソリンを多量に消費してしまうといった問題が生じます。

そのため、キャンプに軽自動車を利用する場合、最小限の荷物で、場所をとらず、かつ軽いキャンプ用品で揃えるとより快適に過ごせます。

荷物をへらすための焚き火台・BBQコンロの選び方

焚き火台・BBQコンロを選ぶポイント

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥9,288 (2019/02/06 11:02:08時点 Amazon調べ-詳細)

焚き火台とは、焚き火を行う使用する台座です。

地面に直に薪を設置し、直に焚き火を行うことは、ほとんどのキャンプ場で禁止されています。

火事のもとになるので当たり前ですよね。

そのため、キャンプ場で焚き火を行う場合は、焚き火台は必須のキャンプ用品です。

これに対して、BBQコンロはBBQをする際に用いられるキャンプ用品です。

これまでBBQを経験したことがある人ならば、誰もが1度は必ず目にしているアイテムだと思います。

BBQもまたキャンプをする上でかかせないアクティビティです。

一般的に焚き火台もBBQコンロも、コンパクトに収納できる設計にはなっているのですが、どちらもそこそこスペースをとる物なので、積載のことも考えて選ぶ必要があります。

そこで、おすすめなのが焚き火としてもBBQコンロとしても使用できるキャンプ用品です。

1台持っていけば、2つの用途に使用できるため、車に積載する際にスペースを1/2に減らすことができます。

軽自動車でキャンプをする際におすすめの焚き火台・BBQコンロ

ヘキサステンレスファイアグリル

ヘキサステンレスファイアグリルは、CAPTAIN STAGのアウトドア用コンロです。

なんとこれ1つで焚き火・BBQ・ダッチオーブン料理ができてしまう優れものです。

スタンドを組み立てて、本体をセットするだけの簡単組み立てタイプです。

組み立て式なので、使用後はコンパクトに収納できます。

CAPTAIN STAGは、安価でそこそこの品質のキャンプ用品を販売しているメーカーなので、このアウトドアコンロも比較的安価に購入できます。

焚き火台・BBQコンロが欲しいけどあまり費用をかけたくない、そんな方に特におすすめのアウトドアコンロです。

下記投稿で、実際に私が ヘキサステンレス ファイア グリルM-6500を使用して感じたことをまとめているので、良かったら参考にしてみてください。

【ヘキサステンレスファイアグリル】3用途に使えるBBQコンロをレビュー!

2018.03.01

ファイアグリル/683040(ユニフレーム)

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥6,900 (2019/02/06 08:58:04時点 Amazon調べ-詳細)

続いて紹介するのは、ユニフレームのアウトド用コンロです。

こちらも先程のものと同様に、1台で3役に使用できます。

ヘキサステンレスファイアグリルと異なり、コンロの底が浅いのでBBQコンロとしてはこちらの方が使いやすいです(炭による加熱がしやすいため)。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,900 (2019/02/06 08:58:05時点 Amazon調べ-詳細)

さらに、ユニフレームから関連用品が販売されており、上記リンクの頑丈なアミを購入するとダッチオーブンを直置きすることが可能なのでより調理がしやすくなります。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,900 (2019/02/05 12:00:08時点 Amazon調べ-詳細)

1つ気をつけなければならない点は、こちらの商品はケースが別売りです。

そのため、本体価格のみで比べるとヘキサステンレスファイアグリルと大差がないように感じますが、ケース込で考えると値段が3,000円~4,000円程変わってきます。

私はこちらも実際に焚き火台兼BBQコンロとして使用していますが、購入時に初めてケースが別売りだと知り少し恥ずかしい思いをしました。笑

こちらのコンロも非常に使い安いのでぜひ候補の1つとして考えてみてください!

ピラミッドグリル

最後に紹介するのが、ロゴスのピラミッドグリルです。

こちらのアイテムも、1台で焚き火・BBQ・ダッチオーブンを楽しめます。

ヘキサステンレスファイアグリルと同様に収納ケースは付随されているので、別途購入する必要はありません。

若干値段は高めですが、その分質が良いので、質を重視する人におすすめです。

以上、軽自動車でオートキャンプを行う際の焚き火台・BBQコンロ選びのポイント、おすすめのアウトドアコンロについての紹介でした。

今回はダッチオーブン料理にも使用できる大きさのアウトドアコンロをおすすめしましたが、少人数で焚き火とBBQができれば良いという人は、もう1サイズ小さな物を購入すれば価格を抑えることができます。

しかし、個人的にキャンプを行っていく中でダッチオーブン料理を作りたいと思う瞬間がきっとくると思うので、予め1台3役の物を準備しておいても損はないと思います。

あっきー
1台3役のコンロを利用し荷物を減らして快適な軽自動車キャンプを楽しみましょう!

当ブログでは私が実際に訪れたキャンプ場に関するレポートや実際に使用したキャンプ用品のレビューを紹介しています。

興味がある方はご覧ください。














コメントを残す