【野呂山キャンプ場】展望台から瀬戸内海が見下ろせる!

今回の投稿は私が実際に利用したキャンプ場の紹介です。

あっきー
今回紹介するキャンプ場は、野呂山キャンプ場です!

野呂山キャンプ場

野呂山キャンプ場とは?

野呂山キャンプ場は広島県呉市にあるキャンプ場です。山の上にあるキャンプ場なので車で行くことをおすすめします。

野呂高原の東側の瀬戸内海を見下ろせる場所にあり、オートキャンプサイトが21区画、常設テントサイトが80区画、フリーサイトが20区画あります。

どの区画にも専用の水洗場はないので、近くの水洗場を共同で使用する必要があります。

常設テントサイトを使用する場合はテントを持参する必要がないので、テントを持っていなくてもキャンプを行うことができます。また、BBQも行える炊事棟があるので、BBQの準備だけして常設テントに宿泊すればアウトドア用品を揃えなくてもキャンプが楽しめます。

レンタル品について

レンタル品も豊富です。

以下レンタルできる主要なキャンプ用品一覧を記載しておきます。

  • テント      1,500円(6人用)1,200円(4人用)
  • タープ      1,000円(ヘキサタイプ)
  • 毛布         200円
  • シュラフ       500円
  • 飯ごう        150円
  • ダッチオーブン    500円(10インチ)
  • 包丁まな板      100円
  • ツーバーナー     600円(ボンベ別)
  • BBQコンロ       500円(4人用)1,000円(8人用)
  • 焚火台         300円
  • テーブル、いす     700円

このほかにも電源コードや食器等がレンタル可能です。

炭と薪は売店で購入可能です。薪が1束500円、炭が3kg500円です。

着火剤替わりの新聞紙が無料で貰えるのでぜひ利用しましょう。

サイトについて

こちらが私が使用したキャンピングカーでも宿泊可能なデラックスオートキャンプサイトです。

4~5人用テント1張りと4~6人用タープを1張りしてもまだ余裕のある広さでした。

AC電源木製のテーブル付きです。水洗場は道路の対角線上に2~3区間で1つの割合で設置されています。水洗場にあるバケツに炭を捨てることができます。

利用料金 

  • 4,500円(テント1張り、税込み)
  • 5,500円(テント2張り、税込み)

1サイトに付きタープ1張り、車1台までとなっています。

デラックスサイトよりも、サイトの広さが狭い標準サイトは上記価格より1,000円安く泊まれます。

私は11月に利用しましたが、利用客が少なかったこともありデラックスサイトを4,500円で使用することができました。

他のサイトの料金は以下になります。

  • 常設テントサイト 2,500円(店員5名、税込み)
  • フリーサイト   1,200円(車横付け不可、税込み)

チェックイン・アウトはすべてのサイト共通でチェックイン13:00~18:00、チェックアウト11:00です。

*デイキャンプでオートサイトを使用する場合は9:00~15:00までで利用料金は2000円(税込み)です。

温泉について

温泉に関しては、車で5分程度の所にある野呂山高原ロッジを利用することができます。

写真の通り、非常に暗いので徒歩で行くことはおおすすめしません。

入浴は11:00~21:00まで可能です。終了10分前くらいに駆け込んでも入浴させてくれる優しいスタッフさんが迎えてくれます。

このロッジは宿泊施設としても利用することができるので、冬はBBQだけキャンプ場で行い、宿泊はロッジを利用するのも良いと思います。

休憩スペースがあるのがありがたいですね。

他にも野呂山キャンプ場では、自転車やキャッチボールセット(グローブとボール)をレンタルできるので、お子様連れでキャンプをされる方はぜひ利用してみて下さい。

アクセス

公共交通機関を利用する場合

  • 広島からJR呉線「安芸川尻駅」まで約1時間
  • 三原からJR呉線「安芸川尻駅」まで約1時間
  • 呉からJR呉線「安芸川尻駅」まで約20分
  • 呉駅前から呉市交通局バス「川尻小用入口行き」経由 川尻駅前まで約40分
  • 無料シャトルバス(JR川尻駅→野呂高原ロッジ)

*野呂高原ロッジからキャンプ場までは少し距離があるのでご注意ください。

車を利用する場合

  • 山陽自動車道(上り)→ 西条IC → 国道375号線 → 林道郷原線 約55分
  • 山陽自動車道(下り)→ 高屋JCT → 国道375号線 → 林道郷原線 約50分
  • 広島市内 → クレアライン(広島呉道路)→ 国道185号線 約65分
  • 三原市内から(国道185号線)約1時間30分
  • 呉市内から(国道185号線)約60分

常設テントがあり、加えてレンタル品が豊富に借りられるので、キャンプ用品が揃っていない方でも十分にキャンプを楽しむことができます。アウトドアを始めたい、けれどキャンプ用品はどんなものを買ったら良いかわからないという人にもおすすめのキャンプ場です。

あっきー
興味が出た方はぜひ利用してみて下さい!

キャンプレポート

キャンプ1日目

私は11月に有給を取得して2泊3日のキャンプを野呂山キャンプ場で行いました。

山口方面からgoogle mapの最速ルートに従って運転していくと、

県道66号線から国道375号線へ合流する地点に野呂山キャンプ場の文字を見つけることができます。

ここを右折して直進していくと、野呂山キャンプ場への案内看板が出てくるのでそれに従い山の中へ。

広島文化芸術大学前を通過しどんどん山を登っていきます。ここの大学に毎日通うのはなかなか骨が折れそうですね。

途中にこのような看板が何個かあるので迷うことなくたどりつけると思います。

秋なので紅葉が綺麗でした。

受付に到着です。ここでチェックイン手続きを行います。薪や炭を購入する人やレンタルする用品がある人はこのタイミングで揃えておくと後から楽になると思います。

チェックインしたら早速テントを設営しました。たまたまかもしれませんが、私が使用したオートサイトは地面が固くてペグが思うように入らなかったので、強めのペグを使用することをおすすめします。

私はいつも、テントマットの上にエアマットを敷き、その上に敷布団を敷いて、布団代わりにシュラフをかぶるという方法で寝ています。

今回は11月のキャンプということで、下に1枚余分に敷きましたがそれでも寒かったので、秋キャンプを行う際は布団や電気毛布などの防寒用品を持参することを強くおすすめします。

1日目は特に寒かったので、ミルクスープを作りました。作り方は以下の投稿で説明しているので興味がある方はご覧ください。

【ミルクスープ】寒い季節におすすめのキャンプ飯!【飯ごう飯】

2017年11月23日

完成版がこちらです。ミルクスープにコストコで買ったチョレギサラダを加えてみました。

この後野呂山ロッジでお風呂に入った後、恒例の映画鑑賞をしました。

今回鑑賞した映画は、「ハリーポッターと死の秘宝part1」です。

名作中の名作ハリーポッターシリーズの最終章前編です。この物語はひたすら暗い話がつづくので早く後編が見たくてたまらなくなります。見る際はpart1, 2を一気見することをおすすめします。

キャンプ2日目

キャンプ2日目は、せっかく呉市まで来たので呉観光をしました。

呉市は、映画「この世界の片隅に」の舞台にもなっていることからもわかるように、日本海軍縁の地です。

そこで、大和ミュージアム周辺を観光することにしました。

観光の詳細については、下記投稿で紹介していますので興味がある方はご覧ください。

【大和ミュージアム周辺】海軍カレーが絶品!感想・おすすめ紹介【魅力紹介】

2017年12月9日

歴史について学べるだけでなく、港の景色が綺麗なので写真を趣味にしている方には特におすすめのスポットです。

近くのレストランで食べられる海軍カレーもおいしいのでぜひ食べてみて下さい。

夜は、コストコで買ったシーフードアヒィージョをスキレットで温めておいしくいただきました。

ついでにお酒のつまみにスキレットを使って作ったホタテのバター炒めが最高においしかったです。

スキレットはちょっとした料理にも使えるので、1つは持っておくことをおすすめします。

夜は「ハリーポッターと死の秘宝part2」を見ました。

前日にpart1を見たので早く見たくてたまりませんでした。part1と違って話がするする進んでいくので見てて面白いです。

杖の所有者に注目してみると話の理解が早く進むのでおすすめです。

キャンプ3日目

この日は最終日ということで、朝起きてすぐに撤収作業と朝ごはん作りを始めました。なぜ撤収作業を起きてすぐ行うかというと、秋は気温が低いので、テントやタープが結露水により濡れてしまっているため、乾かすのに非常に時間がかかるからです。

撤収のために朝7時に起きましたが、11月の山の中の朝7時はすごいですね。心が完全に折れるレベルの寒さです。

秋キャンプをする際はカイロが必須アイテムであることを悟りました。

テントとタープを撤収したあと、ダッチオーブンを使って燻製ベーコン・燻製チーズを朝ごはんに作りました。

作り方については下記投稿で解説していますので、興味がある方はご覧ください。

【燻製チーズ・燻製ベーコン】キャンプの定番料理!【ダッチオーブン飯】

2017年11月13日

簡単に作れて、アウトドア感がでるおすすめのキャンプ飯です。ぜひ作ってみて下さい。

帰り路に野呂山キャンプ場の近くにある兜岩展望台に行ってきました。

展望台はこんな感じ。

展望台からの景色です。とても綺麗ですよね。キャンプをしなくても展望台からの景色を見るためだけに行く価値のあるスポットだと思います。

他にも星降る展望台という展望台もあります。こちらからの景色もきれいなのでおすすめです。

以上、野呂山キャンプ場でのキャンプレビューでした!

興味が出た方は是非野呂山キャンプ場に行ってみてください!(^^)!

参考 野呂山キャンプ場 HP

その他のキャンプ関連情報は以下のリンクからどうぞ。














コメントを残す