【のとろ原キャンプ場】天空の湯からの絶景がおすすめ!

今回の投稿は、私が実際にキャンプを行ったキャンプ場についての紹介です。

山キャンプをしながら、魚釣りや魚のつかみ取りができてしまう、アウトドア感満載のキャンプ場について紹介します。

あっきー
今回紹介するキャンプ場は、のとろ原キャンプ場です!

のとろ原キャンプ場とは?

のとろ原キャンプ場は、岡山県真庭市鏡野町にあるキャンプ場です。

岡山県の北部、鳥取県寄りの所に位置しています。

キャンプ場施設内に釣り堀や人工的に作った渓流があり、魚釣りや魚のつかみ取りを楽しむことができます。

同じく真庭市にある、キャンプ場・牧場・ワイナリーなど多くの観光スポットが所在するひるぜん高原へ車で40分程で移動することが可能なので、キャンプの前後や合間に訪れることが可能です。

中でも蒜山ジャージーランドでは、ジャージー牛の牛乳や牛肉を販売しているため、キャンプでBBQをする前に観光がてら買い出しに行くのもよいと思います。日によっては搾りたての牛乳も手に入るのでおすすめです!

蒜山ジャージーランドについては、下記投稿で紹介しているので興味がある方は御覧ください!

【蒜山ジャージーランド】チーズフォンデュとジャージー牛が絶品!

2018.05.08

のとろ原キャンプ場へのアクセス

車を利用する場合

  • 中国自動車動院圧IC 下車→のとろ温泉・キャンプ場まで車で約40分
  • 中国自動車動久世IC 下車→のとろ温泉・キャンプ場まで車で約30分

キャンプ場は山中にあるので基本的には車での移動になります。

私は上記のICから降りた場合にスーパーの有無が不安だったので、少し手前の落合ICで降りました。

落合ICで降りた場合、ゆめマート等スーパーがちらほらありました。このICで降りた場合、のとろ原キャンプ場まで50分から1時間程度かかります。

特に道が細すぎることもなく、整備されている道が多かったので運転しやすかったです。

しかし、のとろ原キャンプ場からひるぜん高原へgoogle mapを利用して行くとかなり狭く見通しの悪い道を通る必要があるので、観光の際はご注意ください。

のとろ原キャンプ場の施設情報

サイト・設備情報

このキャンプ場は、テントサイト(57ヶ所)6人用バンガロー(6棟)8人用ログハウス(3棟)から成るキャンプ場です。

テントサイトは、このように木枠で囲まれたスペースにテントを立てるスタイルです。

サイトが木に囲まれているため、場所によってはタープを立てるのにひと工夫必要な場所があります。

バンガロー・ログハウスはこのような感じです。

写真の主屋の前の空白のスペースにタープを立てればそこでBBQを楽しむことができます。

また、ログハウス・バンガローには冷房も冷蔵庫もありません。

以上のことから真夏に利用する場合は、タープやクーラーボックスを用意して宿泊することをおすすめします。

その他、魚釣りが楽しめる釣り堀や、

ひらめのつかみ取りができる人工渓流があります。

これがまた楽しいので、是非とも利用してください。大人でもたのしめますよ!

この他にも、自然を満喫できる遊歩道やアスレチック等があるので、ファミリーで訪れても楽しめること間違いなしです。

また、のとろ原キャンプ場の敷地内にはのとろ温泉天空の湯があります。

徒歩で移動することが可能なのでドライバーの人もお酒を飲み楽しんでも大丈夫です。

天空の湯という通り名が表すように、岡山県で一番標高の高いところに位置する温泉だとか。

露天風呂からの眺めは最高です。キャンプの際は是非、天空の湯を利用しましょう!

ちなみに料金は以下のようになります。

利用料について

サイト・設備の利用料

テントサイトの利用料(=入場料)は以下になります。

  •  大人 648円×利用日数×人数
  •  小人 324円×利用日数×人数 

とても安いのでおすすめです。
*日帰りは200円程度で利用可能
*電源は無し
*チェックイン:14時、チェックアウト:12時

ログハウス・バンガローの利用料(=入場料)は以下になります。

  •  ログハウス 10,260~12,420円(1泊)
  •  バンガロー  5,400~6,480円(1泊) 

*宿泊する曜日によって若干の変動有り

その他の施設利用料は下記になります。

  •  魚釣り 300円×釣った魚(匹)
  •  魚つかみ取り 3240 円(1kg) 

レンタル品について

レンタルできる主要なキャンプ用品一覧を記載しておきます。

  • テント      1,296円(6人用)1,620円(4人用)
  • 毛布          270円
  • 食器類        32~54円

このほかにも薪(324円)、炭(270円×1kg)等が購入可能です。

予約について

予約は電話にてすることができます。

2018年4月1日より、2018年度の予約が可能となっています。

予約用番号:0867-57-2216

その他特筆事項

以下にその他の特筆事項を記載します。

  • ゴミ・炭捨て場有り

ゴミは分別すれば捨てれます。持ち帰る必要なしです。BBQ用の極厚アルミも捨てれるのがうれしい。

  • 炊事場は共同

蛇口が4つなので人が多い時は大変かも。

  • トイレ・温水シャワー・コインランドリー有り

敷地内に温泉があるのでシャワーを使う機会は少ないかもしれません。

  • 車は横付けできない

テントサイトの横に車を常駐できません。使用する際は、専用の駐車場へ駐車する必要があります。

しかし、荷物の搬入・出時のみ横付け可能なので、大きな荷物を持っていっても問題ありません。

  • 売店で氷や軽食が購入できる

電池や紙皿と行った備品から、温かいコーヒーやお菓子まで売っています。良心的ですね。

他にも売店ではおにぎりやからあげといった軽食が売っています。小腹がすいた時は是非利用してみてください。

のとろ原キャンプ場利用レポ

実際に利用して感じたことやおすすめしたいことを紹介します。

テントサイトの大きさについて

こちらが私が利用した12番サイトです。木に囲まれており不便な地形でした。

木枠で囲まれたサイトはアメニティドームMを斜めに接設営してちょうど入り切るくらいの大きさでした。

場所によってはテントサイト前後に空間があり、タープを設営することが可能のようでした。

しかし、12番サイトでは私が所持するヘキサゴンタイプのタープを設営するのに少し狭かったため、

写真の様に、テントの前室をタープ代わりに利用しレジャーシートを敷き、ピクニックスタイルでキャンプを楽しみました。

場所によっては、タープとテントを併設して設営することができないなんてこともあります。

キャンプをする前にキャンプ場に両方設営可能かを確認するのが一番ですが、万が一にそなえ、タープが無しでも楽しめるような準備をしておくと良いと思います。

魚釣りは無料でできちゃう

このキャンプ場では、釣り竿・餌・バケツを無償で貸してくれます。

そのため、無料で釣りを楽しむ事ができてしまいます。その代わりに、釣った魚一匹につき300円を支払う必要があります(リリース不可)。

この値段設定からもわかるように、めちゃくちゃ簡単に釣れます。驚きますよ。

釣りをしたことのないお子さんでも魚を釣る喜びを味わえるのでやってみる価値は十分あると思います。

ちなみに餌は虫ではないので、虫嫌いな人でも問題なく楽しめます。

魚を釣ったはいいけどさばけないから買うの嫌だよ…と思った方、安心してください。

魚をさばいて串に刺すところまでやってもらえて1匹300円です。

採れたての魚を焼いて食べることができるので非常に楽しいです。お子様連れの方に特におすすめなので是非やってみてください。

天空の湯を利用するべし

先程述べた通り、露天風呂からの景色が絶景な天空の湯。

この温泉のいいところは景色だけではありません。

なんと2回目以降の入浴が半額になります。そのため、2泊以降するキャンパーさんは費用を節約することができます。

良心的ですね。

方法としては、1回目の入浴の際に、キャンプ場へのチェックイン時にもらえるサービス券に印鑑を押してもらいます。

そして2回目以降の入浴の際に、この印鑑付のサービス券を店員さんに見せると半額で入浴することが可能になります。

2泊以上される方はこのチケットをなくさないようにしましょう。

また、wifiまで使えてしまいます。これは便利ですね。

景色を楽しみながら費用を抑えられるので、2泊以上の際は是非積極的に利用してみてください!

以上、のとろ原キャンプ場についての紹介でした。

あっきー
興味が出た方はぜひのとろ原キャンプ場を利用してみてください(^^)

参考
・のとろ原キャンプ場

当ブログでは私が実際に訪れたキャンプ場に関するレポートや実際に使用したキャンプ用品のレビューを紹介しています。

興味がある方はご覧ください。














コメントを残す