【映画紹介】泣ける映画のオンパレード!2016年~2017年おすすめアニメ映画5選

こんにちは、あっきー(@akkiscamplife)です!

今回の投稿はおすすめの映画を紹介する、【映画紹介】に関する投稿です。

今回の投稿では、おすすめのアニメ映画について紹介したいと思います。

アニメ映画というくくりにしてしまうとおすすめの映画がたくさんありすぎるので、2016年~2017年の間に日本で公開された映画の中から選びました。

あっきー
それでは、私が実際に見た中で面白かった、2016年~2017年公開のおすすめアニメ映画5選を紹介します。

ズートピア

1作目は、ズートピア(Zootopia)です。

ズートピアは2016年に日本で公開されたディズニー映画です。

動物園(zoo)と理想郷(utopia)を掛け合わせたようなタイトルからも想像できるように、動物達が人間のように暮らす楽園ズートピアが舞台のお話です。夢を追いかけるジュディ(ウサギ)と諦めの感情を持つニック(キツネ)が協力していく中で成長していく物語です。

肉食・草食動物を例に現実世界での多様性・差別に対してメッセージを発している映画です。

あらすじ

故郷の田舎町から憧れのズートピアにやってきたウサギのジュディ。夢は立派な警察官になること。

通常は警察官になれるのは、サイやカバなど強い動物だけ。しかし、ジュディは夢をあきらめず、努力することで見事ウサギ初の警察官になる。

しかし、そんなジュディに与えられた任務は駐車違反の取り締まりだった。能力を認めようとしないウシのボゴ署長に憤慨したジュディは、自分の能力をアピールするために仕事をこなす。

その中で、キツネの詐欺師ニックと出会う。その後、カワウソ行方不明事件の捜査を担当することになったジュディ。

事件の手がかりがほとんどなく、唯一の頼みの綱は事件の手がかりを握るニックだけ。捜査を続ける中で2人は楽園を揺るがす秘密を知ってしまう。

果たして、最も相棒にふさわしくない2人は楽園の秘密を解き、世界を変えることができるのか?

上映時間 

1時間48分

2人がかかわっていく中で変わっていく様子がとても面白いです。

特にニックの過去を知るシーンが心に刺さります。この映画を見たら人を差別したり、いじめることがいかに愚かなことかを学べると思います。

子供でも理解できるような内容の映画に社会性を持たせた素晴らしい映画だと思います。

ストーリーが進んでいく中でのどんでん返しの数々、見飽きないと思います。

興味が出た方はぜひ見てください。

君の名は。

2作目は、君の名は。です。

君の名は。は2016年に日本で公開されたアニメ映画です。

この映画は、世界での復興収入で日本映画の歴代1位を記録しています。

もはや知らない人の方が少ないと思います。

映画監督を務めた新海誠さんが、過去の代表作である「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」で見せた、美しい風景とすれ違う男女を、美しい映像と巧みな言葉遣いによって演出する“新海ワールド”をいかんなく発揮した作品となっています。

本作では風景描写の綺麗さに加え、スマホを使ったコミュニケーションを取り入れるなど現代風の作風になっており、サクサクと話しが進むため見ていて飽きません。

あらすじ

千年ぶりとなる彗星が観測される1カ月前の日本の田舎町に暮らす女子高生の三葉は、田舎での暮らしに飽き飽きしていた。

そんなある日、自分が東京在住の男の子になる夢を見る。何もかも知らない風景を前に困惑する三葉であったが、憧れの東京ライフを満喫する。

一方、時を同じくして東京で暮らす男子高校生の瀧も奇妙な夢を見る。なんと自分が田舎暮らしの女子高生になってしまうのだ。

繰り返される夢。しかし、周りの反応や記憶の欠如から2人は自分たちが現実として入れ替わっていることに気付く。

入れ替わることを現実として受入れた2人であったが、ある日を境に入れ替わりが止まってしまう。

その状況が腑に落ちない瀧は三葉を探す旅に出る。そこで衝撃の事実を知る。

果たして2人の入れ替わりから始まった物語はどのような結末を迎えるのか?

上映時間 

1時間47分

ストーリーの展開がとても速いのが特徴です。サクサク進むので何回みても面白いです。

秒速5センチメートルを見ていたので、最初はこれもすれ違ったまま終わるのかなとハラハラしていましたが、きれいにまとまったので見終わった後とても満足しました。

映像よし、ストーリーよし、音楽よしの素晴らしい映画です。

興味が出た方はぜひ見てください。

この世界の片隅に

3作目は、この世界の片隅にです。

この世界の片隅には2016年に日本で公開されたアニメ映画です。

同名の漫画を原作とした映画で、第二次世界大戦中の日本で広島市から軍港街である呉市に嫁いだすず(主人公)が、困難の中に有りながらも豊かに生きる様を描いた映画です。

淡々と進んでいく日常のシーンから戦争のシーンへ展開する際のテンポの移り変わりが、より戦争の悲惨さを際立たせています。

戦争の悲惨さだけでなく、すずが困難に立ち向かう様を通して戦時中の日本人の生活や強さを描いています。

平和と共に語り継がれていく映画だと思います。

あらすじ

広島市で暮らす、すずさん。幼いころ両親と訪れた街で人さらいにあってしまう。

そこで一緒に人さらいに捕まっていた1人の少年と出会う。

時は流れ、18歳になったすずさんに縁談が持ちあがる。相手は何と呉の人。全く心当たりのないすずさんであったが、相手はどうやらすずさんを知っているようだ。縁談の話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁に行く。

呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄えていた。見知らぬ土地で、海軍勤務の周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

戦争が激化し、配給物資が減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らした料理を作ったり、着物を直したり、毎日の暮らしをより良くしようと試みる。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。

それでもすずさんの生活は続いていく。

上映時間 

2時間9分

困難に負けないように立ち上がるすずさんの姿に心を打たれました。

戦争を題材にした映画の多くは悲惨さを伝えるものが多い中、この映画は次世代への希望をもって終わる点が好印象でした。

周作さんのイケメンさについても必見です。旦那さん以外の人とロマンス的な展開もあり実に現代的な映画だなと感じました。

興味が出た方はぜひ見て下さい。

SING/シング

4作目は、SING/シングです。

SINGは2017年に日本で公開されたアメリカのアニメ映画です。

ズートピア同様に、動物達が生活する世界のお話です。

タイトルからもわかるように音楽に焦点を当てた映画です。

レディー・ガガの「バッド・ロマンス」やザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがある60曲以上ものヒットソングや名曲が流れます。

ストーリー性も抜群なので誰しもが楽しめる作品だと思います。

あらすじ

子供の頃に舞台に魅せられ劇場主となったコアラのムーン。しかし、劇場公演は上手くいかず経営は火の車。そんな現状を打破しようと、ムーンは新たな企画を企てる。

歌のオーディション、優勝賞金1000ドル。広告を打ち出すと劇場の前には予想をはるかに超える大勢の動物達。なんと事務員のクローリーが賞金を10万ドルと間違えて表記していたのだ。

数ある参加者の中から個性的な面々が選び抜かれる中、ゾウの少女ミーナは持ち前の恥ずかしがりな性格により落選してしまう。諦めきれないミーナは再審査を求めてムーンを訪ね、なんとか機器を操作する舞台係として劇団に入団することに。

果たして、ムーンの劇場再建の夢は叶うのだろうか?

上映時間 

1時間48分

オーディションに合格する動物達が個性豊かで面白いです。

皆生活の中に悩みを抱えていますが、音楽を通していい方向へと進んできます。

中でもゾウのミーナは本当に応援したくなりました。私自身恥ずかしがり屋だからかもしれませんが。

ノリノリなミュージックと笑いあり、涙ありの素晴らしい映画です。

興味が出た方はぜひ見て下さい。

ひるね姫

5作目は、ひるね姫~知らない私の物語~です。

ひるね姫は2017年に日本で公開されたアニメ映画です。

東京オリンピックの3日前の日本を舞台に、主人公のココネが見る夢と自動車の自動運転装置のプログラムが物語のカギを握ります。

夢の世界と現実の世界の話をうまくリンクさせながらテンポよく話が進んでいくので見ていて飽きません。

また、ココネの出身が岡山県倉敷市ということもあり、映画の中に桃太郎の要素がちりばめられています。

主人公の父の名前がモモタローなので主人公感出てますよね。笑

あらすじ

岡山県倉敷市で父モモタローと二人暮らしをしているココネ。平凡な女子高生であるココネはいつも居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が逮捕され東京に連行される。訳が分からないココネのもとに、捕まった父親からタブレットを守れとメールが届く。

ココネは言われるがままに、おさななじみの大学生モリオとともにタブレットを守る。そんな中、いつものように眠気が襲ってくる。

夢を見ていく中で、彼女はこの夢の中に、父親が捕まった謎を解く鍵があることに気づく。

ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。

果たしてココネは謎を解き父親を助け出せるのか?

上映時間

1時間51分

夢の世界と現実世界が実に自然につながっていくので、見ていて驚きました。テンポが非常に良いです。

ファンタジー要素と科学技術の要素が混ざりあっている感じが理系の私には素晴らしく感じました。

VRの世界を舞台にしたサマーウォーズが好きな方はきっとこの映画もはまると思います。

興味が出た方はぜひ見てください。

以上2016年~2017年公開のおすすめアニメ映画5選でした!(^^)!

これらの映画の中には、Amazonのprime会員になれば無料で見られるものもありますので、興味がある方は試してみてください!

参考
・wikipedia
・ズートピア公式HP
・君の名は。公式HP
・この世界の片隅に公式HP
・SING公式HP
・ひるね姫~知らない私の物語~公式HP

その他のおすすめ映画はこちらからどうぞ。














コメントを残す