【初期費用】サビキ釣りを始める際にかかった費用

こんにちは、あっきー(@akkiscamplife)です!

6,000円

この金額が何かわかりますか?

正解は、

あっきー
私がサビキ釣りを始める際にかかった費用(初期費用)です。

私は、キャンプを趣味として行っています。

その中で、海や川に行く機会が多く、よく釣りをしているおじさん達を眺めていました。

そしてふと、

あっきー
自分で釣った魚を自分でさばいて食べたら美味しんじゃね(^o^)

というハイパー安易な考えが頭をよぎった結果、釣りを始めることにしました。

しかし、キャンプ同様釣りを始めるとなった時に、

  • いくら費用がかかるのか?
  • 何が必要なのか?

初心者にはぱっとわかりませんよね?

あっきー
そこで、今回の投稿ではサビキ釣りに必要なもの、サビキ釣りをする際に参考にした動画・私が実際に購入したもの、初期費用について紹介したいと思います。

サビキ釣りとは?

サビキ釣りとは、重りのついた網と先端に針がついた糸から構成される仕掛けを用いて行う釣りのことです。

網の中にエサ(小エビなど)を仕込み、海の中に仕掛けを沈めて行くと、網の中からエサが海中にただようため、写真のように魚が集まって来ます。

そしてこのエサの中に、仕掛けばりを紛れ込ませておくと、魚がそれをエサと勘違いして食いついてくるという仕組みを利用した手法です。

比較的道具を揃えることが用意であり、仕掛けを作って海に沈めるだけという簡単な手法であるため、初心者でも楽しむことができます。

子供でもできるため、親子で釣りを楽しめるのもサビキ釣りの魅力です。

サビキ釣りに必要な道具は?

釣りの中でも比較的簡単な手法ではありますが、予め用品を揃える必要があります。

釣り竿・糸・スピニングリール

釣りをする上で必須の用品です。

サビキ釣りを行うためには、竿は2~3mの短い竿が比較的使いやすいです。

道糸は、強度にすぐれ扱い易いナイロン性の2~3号がおすすめです。

竿だけを購入すると、リールは別で購入する必要があるので注意しましょう。

道具を選ぶだけの知識がないという人は、釣具店に必ずおいてある竿・糸・リールがセットになったものを購入することをおすすめします。

スナップ付きサルカン

釣り糸とサビキ仕掛けをつなぎ合わせるための道具です。

サビキ仕掛けの種類によっては、はじめから付属されているものもあるので確認してから購入するようにしましょう。

サビキ仕掛けとマキエカゴ

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥270 (2019/10/29 20:29:17時点 Amazon調べ-詳細)

針のついたサビキ仕掛けとエサを入れるマキエカゴです。

別々に購入してスナップ付きサルカンにより接続しても良いのですが、安いのでセットを購入しましょう。

ここで紹介したボウズのがれについているカゴは、下に重りがついているので別途重りを付ける必要はありませんでした。

エサ

created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥440 (2019/10/29 20:29:17時点 Amazon調べ-詳細)

魚を寄せ付けるためのマキエサです。

サビキ釣りでは、アミエビをエサに使います。

写真の様なチューブタイプを購入しておけば、カゴに流し込むだけでエサのセットができ、手を汚さなくてすむのでおすすめです。

水くみバケツ

釣った魚を入れたり、手を洗ったり、釣りを終えた後に釣り場に水を流して掃除したりと、なにかと使うので用意しておきましょう。

堤防で釣りをする場合、海の水面まで距離があるので紐付きのバケツを準備しておくことをおすすめします。

プライヤー

魚から針を外したり、糸を切断する必要がある時に使用します。

素手でやると針が外れない時があるので、用意しておくことをおすすめします。

魚バサミ

釣った魚から針を外す際、魚に触る必要が生じます。

直接触るのに抵抗のある人は準備しておくことをおすすめします。

魚の中にはトゲを持つものもいるので。

クーラーボックス

釣った魚を保管する必要がある人は準備しましょう。

タオル

濡れた手を拭いたり、魚を掴むなど、あると便利なので用意しておきましょう。

ビニール袋

釣りを終えた後の用品は臭くなります。

釣りの際に出たゴミなどを持ち帰ったり、使用済みの用品を保管する時にあると便利です。

サビキ釣りの準備・釣り方

サビキ釣りを行うには、準備した釣り竿にサビキ仕掛けを接続する作業が必要になります。

初めてサビキ釣りをする人は、シマノ初心者釣り教室を見ながらやってみましょう。

仕掛けの準備から釣り方まで、この動画だけで理解することができるのでおすすめです。

サビキ釣りをやってみた

ある休日の昼下がり、シマノ初心者釣り教室をみてみたところ、あまりにも簡単に魚が釣れていたので、

「あれ?これ普通にできるんじゃね?」

と思い、急遽サビキ釣りをやってみることにしました。

道具を持っていなかったので、近場の釣具店へ。

店員さんにサビキ釣りにおすすめの釣り竿を訪ねたところ、まずは初心者用の釣り竿を使用してみたらということだったので、リール・糸・竿がセットになった初心者サビキ釣りセットを購入しました(約3,000円)。

この日は、とりあえず魚釣りを体験することが目的だったので、魚保管用のクーラーボックスは購入せず、

スナップ付きサルカン、サビキ仕掛け(カゴ付き)、水くみバケツ、エサを購入しました。

合計金額としては、約6,000円くらいでした!安い。

しかも初心者向けのサビキ釣り入門書もくれました。店員さんに感謝です。

プライヤーは持っていなかったので、工具箱に入っていたペンチとハサミで代用しました。

早速近くの海へ行って、準備開始。

動画を見て 「仕掛けのセットくらい簡単にできるだろう。」と思っていましたが、

めっちゃ苦戦しました。糸が絡まらないようにスナップ付きサルカンを使って仕掛けを接続するのが難しかったです。

写真の様に地面で釣り竿を伸ばした状態で準備をすると、糸が絡まらないように仕掛けを接続できるので初心者の人は参考にしてみてください。

仕掛けをセットした後は、アミにエサをセットして早速サビキ釣り開始!

さすがに動画のように、入れてすぐ釣れるということはありませんでしたが、

サビキ釣り初心者の私でも魚を釣り上げることができました。

初めて釣った魚から針を外す作業を行ってみましたが、やはりペンチでは外しにくかったので、次までにプライヤーは準備しておこうと思いました。

この後も釣りを続け、最終的には1時間程で、5匹も魚をつることができました。

多いか少ないかはわかりませんが、自分の中では満足な結果です。

以上、サビキ釣りに必要な道具、かかった費用、実際にサビキ釣りを行ってみた感想についての紹介でした。

全く釣りをやったことがなかった初心者の私でもたのしめましたし、親子連れで楽しんでいる人も多く見られたので、釣りに興味はあるけどやったことがないから何から始めたらよいかわからない、

あっきー
そんな人はぜひ、この日記で紹介した必需品を揃えてサビキ釣りをやってみてください!きっと釣りの楽しさに気づけると思います。(^^)

当ブログでは私のもう1つの趣味であるキャンプに関する情報を紹介しています。

興味がある方はぜひご覧ください。














コメントを残す